<< 今日のつぶやき、まとめちゃんねる。 | main | コペン整備2 >>

コペン整備1

0


    ども、すっかり秋っぽくなっちゃいましたね。ゼブラです。

    秋の夜長は車の整備でも。
    そんなわけで、エンジンからオイルが漏れてきたらしいので
    修理致しましょう。

    作業としてはエンジン・シリンダーヘッドカバーを外して
    ガスケットと言うかゴムシールを交換します。

    早速作業に取り掛かりましょう。
    先ずはエンジンの上に乗っかっているインタークーラー関係の
    パイプ等を取り外します。


    エンジンカバーは既に外してあります。


    ブローバイガスとか循環させるホースやらパイプを抜きます。


    早速バルブ・エア・バイパスのパイプをへし折りました。
    最悪で〜す、心も折れかけます。

    まぁ、気を取り直し進めます。


    ドンドンいきましょう!コチラはイグニッションコイル。
    ボルトで固定されているので外してズッポ抜きます。

    念の為、ナンバリングしておくと吉。


    イグニッションコイルを外したら点火プラグのある
    プラグホールにゴミが入らぬ様にウエスを詰めときます。
    今回はプラグを外す必要は有りません。


    では、シリンダーヘッドカバーを外します、9本程ボルトが
    有るので注意して下さい。

    マイナスドライバーでシリンダーヘッドを少しだけコジると
    カバーが外れます。


    外したボルト類はピクニックシートに種類分けして管理。
    どこのか分かるようにマスキングテープに書いておくと便利。


    初めまして、御開帳。
    カムが見えますね、特にカムカジりは無いようです。

    こんな時でないと確認できません。


    新しいパッキンですな、古いのはカチカチで新しいのは
    ポニョポニョしてます。


    パッキンをハメて蓋閉めて、トルクレンチで締めれば完成。


    ああ、セミサーキュラープラグって言う半月状の部品が有るので
    忘れずに洗浄して液体ガスケットを塗布してシリンダーヘッドに
    はめ込んでおきます。


    さて、パーツの発注をしましょうかね。

    続く。



    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    KAELA
          
    facebook
              Bistrot ZEBRA
            
               Facebookページも宣伝
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    LIFE
    LIFE (JUGEMレビュー »)
    小沢健二,小沢健二,服部隆之
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座