21Sラパン、オイルクーラーガスケット交換!

0

    一日中曇りの姫路からこんばんは、ゼブラです(´ε` )

     

    定休日ですが、ネコ達に殴られて起きる爽やかな朝!

     

    夕方からは車の整備でもしまひょ。

     

    車検の前に確認しましたがオイルクーラーからオイルの滲みが・ががが。

    オイルパンからも滲んでいますが車検の際には問題有りませんでした。

    滴り落ちるところまでいくとアカンでしょうが、乗り物のエンジンは

    そもそもオイルくらい滲むもんでしょう。特にカワサキ。

     

    そう、ホンダのエンジンは例外。

     

    ラパンは車高が高いので作業は比較的ラクですが・・フロアジャッキ

    欲しいねぇ。

     

    DSC_2170.JPG

     

    オイルクーラーガスケット単体での交換は出来ませんので、オイル・エレメント

    交換と同時にやりますよ。

     

    DSC_2171.JPG

     

    ほれ、漏れとるじゃろ?

     

    DSC_2169.JPG

     

    オイルを抜いて。

     

    DSC_2174.JPG

     

    オイルエレメントを抜いた後、24ミリのボルトを抜くとオイルクーラーを

    外せます、次にガスケットを剥がしますよ。

     

    DSC_2175.JPG

     

    見た目ではあんまり分かりませんな。

     

    DSC_2172.JPG

     

    新品のガスケット。

     

    DSC_2176.JPG

     

    エレメントやドレンボルトを締め込んだらオイルを投入。

    タイミングチェーンが見えてます、コンニチハ(*´∀`)

     

    3.8Lだったかな、入れたらしばしアイドリング。オイル量が適正ならおしまい。

     



    HE21S・ラパンのパワーウインドゥ・スイッチ故障!

    0

      雨だっ!涼しくてイイ!お客様もボチボチ、ゼブラです。

       

      先週の水曜日、出かける前に車内の温度を下げようとラパンの窓を全開に

      しておりました。その際、以前から時々言うことを聞かなくなっていた

      パワーウインドウの運転席側スイッチが遂にクラッシュ!

       

      窓ガラスが上がらなかったり下がらなかったり、エンジンをかけるとオート

      で下がったと思ったら又上がったりと。

      おちおち駐車場のチケットも取れません、修理が必要です!放置するとモー

      ターとかお高いパーツも壊れるらしいので可及的速やかにΣ(・ω・ノ)ノ!

       

      調べてみますとディーラーで直すと20000円かかるとか、給付金の1/5です。

      無理無理、そんな予算はない!では、中古パーツをヤフオクで調べると送料込み

      で大体2500円程度。

      しかし品質は賭けですね、年式が近いとまた壊れるかも\(゜ロ\)(/ロ゜)/

      ググってみるとamazonでサードパーティ製で新品が3000円弱、これや!

       

      DSC_2140.JPG

       

      安定のチャイナ製、ラパンはアルト系なのでサードパーティのが有るんですかね?

      そもそも中国製の可能性もアルト。

       

      DSC_2141.JPG

       

      特に何の変哲もございません。

       

      DSC_2142.JPG

       

      基盤ベースの樹脂の色が違います、確か青だったような。ピン端子が見えますね。

       

      DSC_2146.JPG

       

      取り付けは簡単、ロックスイッチを左に回すと取れます。

       

      DSC_2148.JPG

       

      小物入れの底と

       

      DSC_2149.JPG

       

      ドアレバーのプラスねじを外して。

       

      DSC_2150.JPG

       

      ヒンジ近くのグロメットを細い棒でプッシュすると取れます、準備完了。

      ドアレバーを剥がして左側に少しずらすのがコツでツメが外れやすい。

       

      DSC_2153.JPG

       

      こんな感じで内張が取れるよ。

       

      DSC_2152.JPG

       

      内張を膝で支えるようにしてスイッチ・カプラーを抜く、スイッチの底に

      カプラーロックが有るので押すと簡単に外れるよ。

       

      DSC_2154.JPG

       

      スイッチボックスには板バネが有り、固定されておるので板バネを押し込んで

      内張から外す。

       

      DSC_2155.JPG

       

      取れました、AUTOと書いてあるスイッチが下がっているのが見えますか?

      台座が破損してオン・オフができなくなってます。

       

      DSC_2157.JPG

       

      用無しです、捨てるなり記念に取っておくなりしてください。

       

      DSC_2159.JPG

       

      上が壊れたスイッチボックス、下が新品。台座がグリーンにΣ(・ω・ノ)ノ!

       

      DSC_2160.JPG

       

      板バネい注意し左側からインストールするとヨロシイ。

      後は逆の手順で内張を戻します、カプラーを接続するのを忘れずに!

       

      DSC_2162.JPG

       

      使った道具は3つだけ、やろうと思えばプラスドライバーだけでも可能だけど、

      あると便利な細い棒と内張剥がし。

      所要時間は15分、ご家庭でも簡単にできる作業ですし17000円程の節約に

      なります。

      浮いた予算でビストロゼブラへどうぞ!(∩´∀`)∩

       



      トレペ!

      0

        言いたいことも何も言えないこんな世の中じゃ、POISON!

         

        ども、反町ゼブラです。

        息苦しい日々にはこんなコミックソングが良いですね(^q^)

         

        朝からご予約が入りご機嫌です、アゲアゲ気分のままガレージへ。

        なんかのついでに買っておいた車のヘッドライト・クリーナー

        でも使ってみましょう!

         

        同じ様な製品は多いのですがボチボチのお値段の割にはイマイチ、

        なのに1つだけ安いのに絶賛されている商品がこちら。

         

        DSC_1455.JPG

         

        施工写真がブルーバード・シルフィなんだ・・。

         

        では、磨いてみましょう。

         

        DSC_1450.JPG

         

        Before 

         

        DSC_1449.JPG

         

        After

         

        おお、めちゃくちゃキレイ・・とまではいきませんが。透明度は間違いなく

        上がりましたね。

         

        DSC_1458.JPG

         

        両方磨いた後、おおおエエ感じやないですか〜。

        400円程度でこの輝き!コスパ最高じゃね?後はどれくらい持つかですね。

         

        まだコンパウンドは残っているので半年に一度磨いたら良いかも!

        グリル類の再塗装と相まって20年選手が15年選手位に若返りました。

         

                    微妙だな。

         

        それはそうと、お店のペーパーが後2巻ですので騒動が落ち着いたと思われる

        ので買いに行きましょう。

         

        DSC_1459.JPG

         

        最初の一軒目で買えました、ネタとしてはツマンナイのですが既に落ち着いて

        いますので皆さん焦らずお買い求め下さい。



        雨の休日、なので。

        0

          せっかくの定休日ですが雨ですわ、ゼブラどすえ。

           

          2ヶ月程放っておいたバイク&車の総点検でも致しましょう。

          寒いので例のストーブが温かい(*´ω`*)

           

          DSC_1696.JPG

           

          先週買ったスプレーホルダー、小物置きも有るのに気づき追加購入。

           

          DSC_1697.JPG

           

          ワイのツールキャビネット。

           

          DSC_1698.JPG

           

          ツールキャビネットの側面にマグネットで取り付けます。

          小さな工具やパーツの一時置き場として使いますよ、こりゃ便利。

           

          DSC_1699.JPG

           

          先週取り付けたスプレー缶ホルダー、ドライバーホールも良い感じ!

           

          キャビネット内に置いておいたスプレー類が外付けホルダーに収まったので

          広くなり大満足です。中には電装系のパーツが入ってます。

           

          DSC_1709.JPG

           

          コペンの整備をしましょう、容量を増やしたバッテリーに換装してあるので

          プログラムの関係上追加充電が欠かせません。

           

          DSC_1705.JPG

           

          バッテリーチャージャーに繋ぐと40%、こりゃアカンですよ。

           

          DSC_1708.JPG

           

          タイヤの空気圧もチェック、20%ダウン。

          普通なら足回りに違和感を感じるレベルかと、でも乗り心地がアレな車なので

          気づきにくいカモね。

           

          DSC_1707.JPG

           

          久しぶりにラパンに乗るとどうもカーブで「グニュ」とするのでこちらも点検。

          10%程抜けていました。

          しばらく兄の車に乗っていたので余計に違和感を感じたのねん、クムホのタイヤ

          悪くないね!

           

          DSC_1703.JPG

           

          ほぼ毎日乗ってるセローは空気圧があんまり減ってなかった。

          でもグリップヒーターを多用しているのでバッテリーを追い充電しましょう。

           

          DSC_1702.JPG

           

          サイドカバーを開ければバッテリーにアクセス出来るので便利ね。

           

          DSC_1700.JPG

           

          CBRは本当に乗ってないなぁ、でもエンジンは一発でかかる。

          古いガソリンをフロートチャンバーから追い出すぞ、暖機運転を10分。

          新鮮なガソリンに入れ替わったことでしょう、たぶん。

           

          DSC_1704.JPG

           

          エストレヤも直ぐにエンジン始動、先日空気が減っていたフロントタイヤの

          空気圧をチェック。問題なし、パンクしている訳では無いみたい。

           

          DSC_1706.JPG

           

          ZZRも燃料を回します、空気圧も結構減っていたので補充。

          300hpaって結構な高圧なのよね。

           

          最後にビーノの空気圧を計りましたが、何の問題もなし。

           

          地味な作業でしたが全ての乗り物の空気圧を適正に出来ました、それとバッテ

          リーの診断等は冬場にしっかりとしておかないと危険です。

          だいたい自分経験です(*´ω`*)最悪凍え死にます。



          ラパン、車検に落ちる(ToT)

          0

            トレビアンに暇なゼブラだよ!

             

            火曜日の夜に事前整備をして意気揚々と水曜日の朝に姫路陸運局へ

            ユーザー車検に出掛けました。

             

            DSC_1502.JPG

             

            税金や手数料を支払い、テスター屋で光軸調整を致しまして何故かテスター屋

            さんが指定した2レーンに入ります。

             

            DSC_1503.JPG

             

            ほんと、今の車検ラインって綺麗だよね・・・昔は廃工場みたいだったのに。

             

            DSC_1504.JPG

             

            予めフレーム・エンジン・簡単な灯火類の検査をしまして排ガス検査。

             

            DSC_1505.JPG

             

            プローブをマフラーに突っ込んで○判定。

             

            DSC_1506.JPG

             

            次はスピードメーター、ブレーキ類の検査。共に○でした。

             

            この後リフトアップされて下回りハンドル等を検査、○です。

             

            光軸も○、しかし昨日チェックして問題なかったフォグランプが片方点かない!

            何でよん♪

             

            DSC_1501.JPG

             

            ほれほれ、点いてるやんかいさ!

             

            とはいえ、本番で点かなきゃアウトですよ、取り急ぎオートバックスで

            電球交換。 しかし点灯せず、簡易検査では12Vが来ていないとな。

             

            面妖な、そうなるとリレーが疑われるので聞いてみるとラパンのフォグ

            リレーは1つで2つのフォグに電気を流す方式ですと。

             

            更に不思議やなぁ・・・、そうするとリレーでもない。後は配線かしらん。

            そうは言っても今日も予定があるので一度撤退。

             

            DSC_1507.JPG

             

            善後策としてフォグを取り外して一旦車検を通すことにしました、直す自信

            は有りますがいかんせん時間がない。

             

            DSC_1508.JPG

             

            取り外したフォグ。

             

            DSC_1509.JPG

             

            DSC_1510.JPG

             

            バンパーを戻して出来上がり。フォグの穴はがらんどう。

             

            DSC_1511.JPG

             

            一応フォグのスイッチも撤去したように見せる。

             

            今朝仕事前に陸運局へ行き無事に合格。なんか納得いかん。

             

            前日の夜、お風呂に浸かりながら考えを巡らすと・・・アレかな?と気付き

            ましたが夜中なもんでそのまま持っていきました。

             

            納得するべく帰宅後作業開始! バンパーをまた外します。

             

            DSC_1507.JPG

             

            ラパンのバンパーは外しやすいので5分も有ればこの状態。

             

            DSC_1517.JPG

             

            気になっていた防水カプラーをキッチリと接続すると点灯!やっぱり。

             

            DSC_1518.JPG

             

            この防水カプラーのロックが固くて、バンパー取り付けの際に片手で取り付け

            しないといけないので力が入らずロック手前で閉めちゃったのね。

             

            そう、以前フロントフェンダーを取り替えた時だ・・・\(^o^)/

             

            甘く繋がってたカプラーが車検の際のブレーキテストで車体が「ガクン」と

            揺れた拍子に外れたのでしょう。

            オートバックスで検査したのは電球のソケットだから・・そりゃ電気は来て

            無いわな。でも、その一言が解決のキッカケでもありました。

             

            この後バンパーに組み込み防水カプラーもカチッとロック。

             

            手間はかかりましたが、勉強になりました。スキルアップやで!(*´ω`*)

             



            ラパンの車検じゃよ

            0

              2年なんてあっという間ですね、私の頭もハゲる訳ですわ。ゼブラです。

               

              去年末にZZR1200の車検でしたが、今月はラパンの車検。

              検査以外にも重量税も一緒に取られるので何だかなぁ〜ですな。その上

              4月には自動車税ですよ、ワテほんまによう言わんわ。

               

              DSC_1491.JPG

               

              休憩時間に陸運局に行きまして、書類一式を購入。

              明日の朝に検査ですが朝イチから書類を書くのはダルいので予め記入しておきます。

              もう少し簡略化できるんやおまへんやろか?

               

              それと昨日注文しておいたラパンのバッテリーが届きました。

               

               

              重いねえ〜。

               

               

              かの高名なドイツのメーカーBOSCHですよ、安かったのと翌日到着だった

              から選びました。まぁ何処のでも一緒でしょう(*´ω`*)

               

              DSC_1492.JPG

               

              家に帰りまして充電器で予備充電。

               

              DSC_1494.JPG

               

              こちらが本日まで頑張ってくれたPITWORKのバッテリー、スズキの車ですが

              日産系のが積んであります。すごく寿命が長く8年もちました。

               

              DSC_1495.JPG

               

              サクッ、と取り出して。後日売りに行きます。

              廃バッテリーは売れるんですよ、重量によりけりですが車のは数百円になり

              ます。バイクのと溜めておいて売却。

               

              DSC_1496.JPG

               

              新バッテリーを装着、マイナス・プラス・プラス・マイナスと覚える。

               

              DSC_1497.JPG

               

              エンジンの始動テスト、そしてテスターで測定。良い感じ。

               

              DSC_1498.JPG

               

              更に充電器でフル充電になるまで繋いでおきます。

               

              折角なので明日に備えて点検をしましょう。

               

              DSC_1499.JPG

               

              灯火類のチェック、ウインカーやハザード。

               

              DSC_1501.JPG

               

              ヘッドライト、フォグランプ。 OK!

              リアコンビネーションランプも OK!

               

              ウオッシャー液も追加投入、検査項目に有りますからね!後は足回りと裏を

              点検。 問題なし。 たぶん。

               

              一発で通れば良いのですが〜。



              21S ラパンのオイル交換をするのだ!

              0

                皆さんこんにちは!その辺カーディーラーズです!

                 

                ゼブラが買って、ゼブラが直す。いかがわしいブログですよ。

                 

                今回は21Sラパンのオイル交換を致しましょう、いつもは1年に

                2回と決めていましたが今年は何だか忙しくて前の交換から

                早くも1年経ってしまいました。

                 

                DSC_1126.JPG

                 

                では早速初めましょう!自分で交換するメリットはほぼ有りませんが、

                ゼブラはディーラーに予約するのが難しいスケジュールの定まらない男。

                 

                そもそもディーラーが水曜日お休みなのも自分でやる理由です、しゃぁない

                のです。

                 

                そうそう、ハンドルを右に切っておきましょう。ドレンボルトが簡単に外せます。

                 

                DSC_1127.JPG

                 

                少々アームが邪魔ですが、何とかなります。

                 

                DSC_1128.JPG

                 

                オイルが抜けたらドレンボルトを戻して新しいオイルを投入!

                オイル入れ口から見えているのは「タイミングチェーン」コンニチハ。

                 

                DSC_1129.JPG

                 

                入れるのは高粘度の20w50、これは我がラパン号が150000キロオーバー

                だからで普通の車に入れたら燃費がメチャクチャ悪くなるのでご注意。

                 

                規定量のオイルが入ればエンジンをかけて暖機、オイルレベルゲージで

                オイル量のチェックします。

                 

                DSC_1130.JPG

                 

                エンジン音が静かになりました、多分気のせい。

                 

                DSC_1131.JPG

                 

                レベルゲージの点と点の真ん中あたりがベスト、今回は少し多めですが・・

                まぁこんなもんでしょう。

                 

                ついでにオイルパン周りをチェックしたところ、オイルパンの縁とオイル

                クーラー辺りにオイルの滲みが確認できたので次回のオイル交換時に

                Oリングとパッキンを取り替えましょう。

                 

                フロアジャッキ欲しいなぁ~(´ε` )



                HE21Sラパンを直しちゃう!

                0

                  みなさんこんちは、「そのへんの車ディーラーズ」です。

                   

                  ゼブラが買って、ゼブラが直す。とんだヤラセブログでっす。

                  さて、どうなりますか(*´ω`*)

                   

                  今回はラパンのグラグラのフォグランプを修理します。

                   

                  DSC_0898.JPG

                   

                  いきなり大変な状態ですが、ラパンはフロントバンパーの取り外しが楽

                  な車種でビス等15本程外せばこんな状態に。

                  フォグランプのカプラーに気を付けて。

                   

                  DSC_0901.JPG

                   

                  前オーナーがフロント助手席側をぶつけていましたのでバンパーに傷が

                  有りました。その際フォグのステーを破壊し雑に直してありました。

                  どうしましょう?

                   

                  DSC_0903.JPG

                   

                  ステーは再建不可能なので固定出来る箇所にタイラップを引っ掛けて固定

                  してしまいましょう。

                  フォグは車検の際、点灯の有無で判断されるので光軸を気にする必要は

                  ありません。 バッチリです!

                   

                  ご自分で作業されるとタイラップ代のみ、修理を頼むと50ポンドは必要と

                  なるでしょう。

                   

                  折角バンパーを外したので退色した樹脂パーツを再塗装しましょう。

                  古い車に新品のパーツを付けると浮きますがマットブラックは合わせやすい

                  のでオススメです。

                   

                  DSC_0896.JPG

                   

                  サテンブラックではなくマットブラック、40ポンド

                   

                  DSC_0895.JPG

                   

                  有ると便利な内装剥がし、Amazonで40ポンド50ペンス

                   

                  DSC_0900.JPG

                   

                  エアダクト部分も分解、組付け順番を覚えておきましょう。

                   

                  DSC_0902.JPG

                   

                  グリルはイメージを変えてみます。塗装面を軽く水研ぎして脱脂しておきます。

                  塗料のノリが良くなりますよ。

                   

                  DSC_0906.JPG

                   

                  ダクト類、塗装出来ました。

                   

                  DSC_0905.JPG

                   

                  グリルもブラック一色に。

                   

                  DSC_0907.JPG

                   

                  ウサギさんマークはマスキングしておいたので剥がせばこの通り。

                   

                  DSC_0925.JPG

                   

                  日に焼けたワイパーブレードも・・。

                   

                  DSC_0927.JPG

                   

                  表面のサビを落として塗装。

                   

                  DSC_0910.JPG

                   

                  乾いたらバンパー一式組み立てます。

                   

                  DSC_0904.JPG

                   

                  車体にドッキング!

                   

                  DSC_0913.JPG

                   

                  ビス類で固定する前にフォグの点灯テスト、大丈夫です!

                   

                  DSC_0908.JPG

                   

                  ワイパーを外したついでにワイパー下のゴムパーツを取り替えます、古い

                  パーツは完全に個体化してボロボロ。20ポンド程でした。

                   

                  DSC_0923.JPG

                   

                  上が古いパーツ。

                   

                  DSC_0924.JPG

                   

                  完全に用をなしませんな。

                   

                  DSC_0911.JPG

                   

                  良い感じです。

                   

                  DSC_0931.JPG

                   

                  キリッとしました。

                   

                  DSC_0929.JPG

                   

                  ワイパーもダクトも取り付け。

                   

                  DSC_0930.JPG

                   

                  仕上がりました!ヘッドライトも磨いたので少しきれいになりました。

                  今回かかった予算は・・スプレー缶とゴムパーツ、120ポンド。

                   

                  時間はかかりますが難しい作業ではありません、グリルをブラック一色に

                  したことで今風の顔になりました。 大満足です!

                   

                  次回の「そのへんの車ディーラーズ」もお楽しみに!



                  その辺のカーディーラーズ

                  0

                    どうも、皆さん「その辺のカーディーラーズ」ゼブ・チャイナです。

                    ゼブラが買って、ゼブラが直す。とんだ茶番ブログ、お楽しみ下さい!

                     

                    今回は去年ポールにぶつけてヘコんだラパンのフロントフェンダーを

                    取り替えます。

                     

                    DSC_0873.JPG

                     

                    背の低いポールだったのでこんな感じで、塗装も剥がれサビが広がってきました。

                    バンパーは買った時から下手な補修がなされていましたが今回はひとまず

                    置いときます。

                     

                    DSC_0874.JPG

                     

                    近くで見るとかなりエグレていますね、板金をするには面倒です。

                    そこでオークションサイトに出品されている程度の良いフェンダーを見つけ

                    過日落札しておきました。

                     

                    注意するのはボディーカラー、似たような色が多いので車体のコーション

                    プレートを確認しておきましょう。

                     

                    Point Blur_20190925_215045.jpg

                     

                    コーションプレートは車体のピラーやエンジンルームに有るはずです。

                    オークションサイトの出品情報で合うものを買いましょう、曖昧な色情報

                    の場合は安くても止めたほうが得策です。

                     

                    DSC_0875.JPG

                     

                    宮城県の業者が程度の良いパーツを出品していました、取り付け部分にサビは

                    有るもののパネルはとても綺麗で新品みたいな良品。大満足です!

                    こんなキレイな中古パーツが、たったの35ポンド!(4500円)

                     

                    早速作業にかかりましょう!

                     

                    DSC_0876.JPG

                     

                    軽自動車の修理は簡単です、すごく合理的な取り付けですので最小限の

                    作業ですよ。

                     

                    ワイパーを取り外し、カバー・樹脂製のダクトを取り外します。

                     

                    DSC_0879.JPG

                     

                    サイドのフェンダーを取り外すのにフロントバンパーを取り外す必要があると

                    多くの方は書いていますが、グリルのツメを外し少し手前に引けばフェンダーの

                    ボルトは外せます。 大幅な時間の短縮が可能!

                     

                    DSC_0877.JPG

                     

                    フェンダーが取り外せました、サイドウインカーの線を切らないように

                    カプラーを抜き取ります。 余裕です♪

                     

                    DSC_0880.JPG

                     

                    新しいフェンダーを取り付ける際は予めサイドウインカーの配線とテストを

                    しておきましょう。

                    組み上げてから点灯しないとわかると時間の無駄になります。

                     

                    DSC_0883.JPG

                     

                    どうですか?キレイなボディラインが復活しました、新車のようです。

                     

                    DSC_0884.JPG

                     

                    色合いもちゃんと合ってます、ZE9 D08「レイクブルー」と言うそうです。

                    ワイパーの組付けに少しの注意が必要ですがそれほど難しい作業ではありません。

                     

                    お休みの朝に作業を始めればお昼には直った車で優雅にランチに出かけられる

                    でしょう。

                     

                    今回かかった修理金額は中古のフェンダーが35ポンド(4500円)

                    ディーラーで直すと180ポンド(15000〜25000円)は必要でしょう。

                     

                    今回も楽しめました! また、お会いしましょう(*´ω`*)

                     

                     



                    台風接近!ですと・・。

                    0

                      朝はそうでも無かった雨ですが、夜になるとワルプルギスの夜

                      みたいな。

                      でも、姫路は大丈夫! ゼブラです。

                       

                      さてお店の方は全然大丈夫ではありませんでした、まぁしゃあない。

                      この3連休の2日はイベントや台風でおじゃんです、でも明日も

                      あるもんね。 

                       

                      そんな暇な時はHE21Sラパンの内装部品でも修理しましょう、気持ちの切り

                      替えが大事よん。

                       

                      DSC_0852.JPG

                       

                      エアコン吹出口ですが、ぱっと見何事もなさそう・・でもバールーフが

                      折れてます。

                       

                      DSC_0851.JPG

                       

                      簡単に外れるよ、取れにくい時はマイナスドライバーでこじると良い。

                       

                      DSC_0853.JPG

                       

                      助手席側も折れてるので取り外し。

                       

                      DSC_0855.JPG

                       

                      裏から見たバールーフ。一番上が折れてます。

                       

                      DSC_0854.JPG

                       

                      修理にはプラリペアを使うよ、結構匂いがするので換気必須。

                       

                      DSC_0857.JPG

                       

                      どう直すかよく観察する。

                       

                      DSC_0860.JPG

                       

                      必要な素材を並べる、溶剤とパウダー状の充填素材を使う。

                      今回は細かい作業なのでニードルで。

                       

                      DSC_0861.JPG

                       

                      割れたルーフと根本を合わせて固定、その上にプラリペアの混合液を

                      乗せて接着する。可動部分を固定してしまわない様に気をつけて・・。

                       

                      DSC_0863.JPG

                       

                      人差し指の下に白濁したプラリペアの混合液を乗せました。

                      5分で固まります、裏も同じ様に。

                       

                      DSC_0864.JPG

                       

                      固まればOK!元の場所に戻してお終い。

                       

                      慣れれば10分程度で出来る作業です、新品は1個2000円程度。

                      中古品なら4個で2500円位、プラリペアで直せばかなりの節約になります。

                       

                      次は左側フェンダーの修理をしたいと思います、部品は仙台から送られて

                      いるみたいですが・・まだ来ません(*´ω`*)

                       



                      calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << August 2020 >>
                      KAELA
                            
                      facebook
                                Bistrot ZEBRA
                              
                                 Facebookページも宣伝
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      LIFE
                      LIFE (JUGEMレビュー »)
                      小沢健二,小沢健二,服部隆之
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      JUGEMのブログカスタマイズ講座